あなたが変わる315の言葉 斎藤一人名言

相手のイヤな点が自分の欠点だと気づけば心の幅がふっと広がります斎藤一人|あなたが変わる315の言葉345

2017/04/28


 相性|欠点斎藤一人

相手のイヤな点が自分の欠点だと気づけば心の幅がふっと広がります345

相手のイヤな点が自分の欠点だと気づけば心の幅がふっと広がります345

 


相手のイヤな点が、
自分の欠点だと気づけば、
心の幅がふっと広がります

 

 

人間同士には相性というものがあります。
何かにつけてカンに触って、
どうしても好きになれない人もいます。

それでも何とか、
つき合っていかなければならない場合もありますよね。
たとえば、
おなじ職場で協力して仕事をしなければならないとかね。

相性の悪い人って、どんな人だと思います?
それがわかれば、何とかなりそうな気がしますね。

ムシの好かない人は、
自分の弱点とおなじものを持っている場合が多い。

たとえば、自分の短気が欠点だと気づいていて、
それがイヤなのに、
目の前に短気な人が現れたとき。

見たくないと思っている自分の欠点を、
まざまざと見せつけられてしまう。
それで許せない気持ちになってしまうんです。

だから、相性の悪い人に腹を立てるのは、
自分に腹を立てていることなんですね。

相手のイヤな点が、
自分の欠点だと気づけば、
心の幅がふっと広がります。

「あの人だけじゃない。自分もおなじなんだ」
と思えば、
その人を愛せるようになります。

かえっていい友達になれたりもしますよ。

 

あなたが変わる315の言葉(Amazonリンクです)  345ページより

◆(ブログ内)あなたが変わる315の言葉全ページまとめ

◆YouTube斎藤一人さんのお話一覧ページへ

 

← 隣人を愛せよというけれどお互い波長が合わなかったらそれは会ってはいけないということ斎藤一人|あなたが変わる315の言葉344

愛が大きくなるほど 自分の許容量も大きくなってきます斎藤一人|あなたが変わる315の言葉347 →

 

新刊2

◆7月1日発売の新刊
『変な人が書いた 人生の哲学』

新刊

 
◆6月27日発売の新刊
『斎藤一人 大開運 人生を楽しむ仕組み』

 

新刊3

-あなたが変わる315の言葉, 斎藤一人名言
-, , , ,