おみくじ

お金に愛される315の教え 斎藤一人名言

自分の目の前にいるお客さんのために何かしようという心無償の愛なんです斎藤一人|お金に愛される315の教え21

更新日:

レスポンシブ




 無償の愛斎藤一人|お客さん斎藤一人

自分の目の前にいるお客さんのために何かしようという心無償の愛なんです斎藤一人21

自分の目の前にいるお客さんのために何かしようという心無償の愛なんです斎藤一人21

 


「自分の目の前にいるお客さんのために、何かしよう」
という心、
無償の愛なんです


「自分の目の前にいるお客さんのために何かしよう」
という心、
無償の愛なんですよ。

その無償の愛を表すために、
トン汁だったり、
スープがあるんであって。

だから、
買ってもらおうと思って
スープやなんかをだすのって、
愛ではないんです。

そうじゃなく、
「寒かったでしょ。トン汁飲んで」
「スープ飲んで」って。

いわれた人は、
「この人、やさしいな」
って愛を感じるでしょ。

お客さんは、それが嬉しいの。
そこに、
結果がついてくるの。

 

お金に愛される315の教え(Amazonリンクです)  21ページより

◆(ブログ内)『お金に愛される315の教え』全ページまとめ

◆YouTube斎藤一人さんのお話一覧ページへ

 

← いつもまたってことを考え抜けば商売は絶対成功するの斎藤一人|お金に愛される315の教え20

金持ちになったら友だちも金持ちにしてあげる斎藤一人|お金に愛される315の教え22 →

レクタングル大




レクタングル大




新刊5

新刊

-お金に愛される315の教え, 斎藤一人名言
-, , , , ,

Copyright© 斎藤一人|斎藤一人ブログ , 2018 All Rights Reserved.