おみくじ

令和一日一語斎藤一人三六六のメッセージ

12月19日|遠藤忠夫の詩|令和一日一語斎藤一人

レスポンシブ




遠藤忠夫の詩|12月19日

12月19日|遠藤忠夫の詩|令和一日一語斎藤一人|

12月19日|遠藤忠夫の詩|令和一日一語斎藤一人|

 

春は若葉のにおいが好き
夏はきらめく太陽が好き
秋は風に舞う落葉が好き
冬は海に降る雪が好き
でも、どんなすてきなことより
あなたが一番好き

 

この詩は一人さんが旅の車中で書かれたものです。この日本には四季があり、四季それぞれが素晴らしいけれども、一番素敵なのはあなた自身なんだよ、と優しく教え気づかされているような詩です。私はこの詩を見るたびに一人さんや仲間の顔が浮かびます。
(遠藤忠夫)

 

 

『仕事編一日一語 斎藤一人三六六のメッセージ』  371ページより

令和の一日一語斎藤一人三六六のメッセージカテゴリー一覧

レクタングル大




レクタングル大




新刊2

新刊

-令和一日一語斎藤一人三六六のメッセージ
-, , ,

© 2020 斎藤一人|斎藤一人ブログ